ヒアルロン酸で、輝く私

歴史

窓から差す光

美容や健康のために最初からヒアルロン酸注射が注目され、利用されていたわけではありません。最初は今でも使われているコラーゲン注射だったのです。1977年にコラーゲン注射が開始されましたが、これは元々シワ消しというよりも皮膚の表面にある凹凸をごまかすために使われる注射でした。それからしばらくの間はコラーゲン注射しかありませんでしたが、1996年にヒアルロン酸注射の原型となる製剤の研究開発が進み、臨床応用が開始されることになりました。そこからはトントン拍子にヒアルロン酸としての研究が成功し、今のように普及していくことになったのです。
最初は海外で開発された商品でしたが、日本の美容外科学会の面々がスゥェーデンへ招かれ、ヒアルロン酸注射について説明を受け、それにより一気に日本にも広まるようになったのです。

この画期的な注射ができてからというもの、これまで頻繁に利用されていたコラーゲン注射はあまり使われなくなりました。勿論コラーゲン注射にも効果はありますから、現在ではどちらか一方ではなくコラーゲン注射とヒアルロン酸注射の両方を使う人が増加しています。
美容整形というと大げさな印象を持つ人が多いですが、このヒアルロン酸注射はエステを受けるよりも手軽で簡単にそして安価に受けることができるのです。何より効果が即感じられるというのが利用者としては嬉しい部分でもあります。